タイドラまる ブログ
『 それぞれの推し方で良いんだよ 』
Lovely Writer

あなたのベストシーンはどこ?ランキング5 LovelyWriter

まる
まる

こんにちは、まるです!

LovelyWriter熱が冷めやらないので、勝手にベストシーンランキングを作りました(笑)
本当ならアンケート取りたいくらいなんです~
今回は、自分の中のLWへの熱い気持ちをさらして、もう見たよって方に共感してほしいなと思っています。見てない方は参考にしてくださいね!
少々お付き合いください~
それでは第5位から行ってみましょう!

第5位 エピソード2のキスシーン


これは、序盤も序盤に見たので衝撃でした!!まだ、第2話ですよ?と思いながらもありがたく拝見させていただきました(笑)

K’Geneが一度はキスシーンの練習はやりたくないと言いながらも、小説を書くうえでキスを経験すると、どんな感情を持つのか?という好奇心がK’Geneに芽生えてしまい。

最終的には、Nubsibの策略にまんまとひっかかるというのがポイントでしたよね。
どう見てもガードが固そうなK’GeneをNubisibがいとも簡単に落としてしまったことも衝撃でしたが、その感情を忘れないように、

しっかりアウトプットして小説にするというK’Geneのプロ根性にも衝撃でした。

私の忘れられないセリフはNubsibの「K’Gene 目をつむってていいですよ」という言い方が特に好きで、最後に นะ ナー という優しい表現をつけていますよね。

これは、NubibがGeneをとても大切にしていることが表現されています。

だから、とても好きです。

また、ビハインドでTee監督が小説のようにキスシーンを表現したかったと言われてました。

そして、すごく時間をかけて一晩中このシーンを撮影されたとKaoUpも言っていましたよね。

ドラマの前半に、この小説のようなシーンを持ってくることで視聴者を釘付けにすると分かっていて、作られていると思うと・・本当にTee監督って天才ですよね。

第4位 エピソード5のK’Geneがあからさまに嫉妬するシーン

K’GeneがNubsibとAeyが駐車場でキスをしているところを見かけてしまい、嫉妬してしまうK’Geneがとにかく可愛くて!

このシーン何回も見ました。

お家でK’GeneがプンスカしながらNubsibを待っています。けれど、NubsibはK’Geneの顔を見て帰ってくるなり、「何かある」って気づくのがまた良いんですよね。

相手を思いやるスパダリ感が出ていて

K’Geneが納得するまで、ちゃんと分かりやすく説明するNubsibが誠実な人なんだなと感じました。

よくあるのは、嫉妬してる相手をからかって終わりとかは他のドラマでもよくあるけど。

こんなに、論理だてて嫉妬心をなだめてあげるNubisibが年下とは思えないとともに、素敵な人だなと思いました。

最後には、リンゴを食べるのもK’Geneが食べたところからかぶりつくシーンもNubsibの狡猾さが出ていて好きです。

 

原作ではNubsibは狼、K’Geneはハムスターと表現されているそうです。このシーンでは特にそういうところが、表現されていると思います。

第3位 エピソード4のK’Gene が酔っぱらって告白するシーン

まずは、「なぶちぶ~」と酔って絡むK’Geneの普段とのギャップにやられましたよね。

K’Geneのキャラからいうと酔っぱらって甘えるところが想像できないなと思っているところに、この甘えモードのK’Geneを見て!私はやられました。

Nubsibはもっとでしょうけどね。

ゆっくりと、どうしようもなくNubsibに惹かれている自分に気づき、初めてそんな自分を認めたGeneが愛おしくてたまりません。

けれども、

「酔った勢いでは何もしたくない」というNubsibのGeneへの熱い思いが感じられました。

皆さんも気づいていると思いますが、ここではNubsibは「Gene」と呼んで「Khun」を付けないところにさらに!!萌えましたよね。

ビハインドでは、ワークショップからたくさん練習しているのが上がっていました。さらに、Tee監督が何回も練習してもらいましたと言っていましたよね。

Kaoくんがビハインドインタビューで「痛かったよ。なんで聞くの?」と笑いながら言ってしまうくらい痛かったのでしょう。

ベッドから転げ落ちるのは、演出とはいえ何回も痛いながらも練習したんだと思うと、本当にありがたいです。

第2位 エピソード9の追いかけっこからのラブシーン

ま、1位でもいいんですけど!!

そういうシーンを1位にするものいかがなものかと・・(え?)

見た瞬間笑いました!さすがに深夜2時というがっつり寝ている時間がリアルタイムなもので朝早く4-5時に起きて見ていたのですが、

爆笑しましたよ。

ベッドシーンの前にこんなに笑かしてくれるドラマもそうそうないですよね。
で、笑かしからのガッツリなラブシーン!

本当に最高でした

そしてK’Geneのセリフ “มึงเลิกพูดแล้วทำสักทีเหอะ” (話すのを止めて、もうしろよ)

(私の叫び声)

あの やわらかい声のトーンでいうところが好きです。

ビハインドでKaoUpが言っていましたが、20-30回くらいこのシーン撮ったそうです。BTSにも上がってないですね・・・どこに行ったんでしょう。ちょっとTee監督!

余談ですが、私はタイの方たちのリアクション動画を見るのが好きでして、このシーンはみんな驚いてましたよ。

私が、一番驚いていて笑ったのはJennieさん!

ある日突然、

ジェニーさんのツイートがLW関連の方にRTされていたのでなんだろう?と思ったら

K’Geneのセリフに「しんだ」って書いてあって笑いました。

そのツイートがこちらです↓


ジェニーさんは色んなBL小説を読まれているようで、LWの最初WeTVでの配信LiveのMCもされていて、小説のファンだからNubsibのKaoくんが登場した時、テンション爆上がりでした。

おもわずジェニーさんがつぶやいてしまうほど、衝撃なK’Geneのセリフのようです。

いつも思いますが、ジェニーさんのリアクションには共感しかありません

第1位 エピソード12のシンデレラのシーン

出典:Wetv

なんで?って思う方もいるかもしれないけど(笑)

あくまでも私の中のランキングですので、ご了承くださいね。

一言でいうと、「斬新な最終回」でした。最終回にこんなに笑かされたドラマなんてありません!書いている今もニヤついています。

KaoUpは、ロメオとジュリエットのシーンが面白かったと言っていましたが、私は断然シンデレラのシーンが爆笑しました。

 

メガネ落としてるんだもん

 

衣装も素敵でしたよね。BLドラマでありがちな受けが女性化してないところが好きです。
セリフで気に入っているのは、Nubsibがカーを使っているところ。
おとぎ話では男性もカーを使うんですね。

そして、リアクション動画で上がっていましたよね。製作したTee監督BossプロデューサーKaoUpみんなが大爆笑していましたね。

自分たちで製作しておいて、自分たちで大爆笑する製作陣。

なかなかないドラマではないでしょうか?

 

もちろん、感動する最終回の場面もありました。ですが、最終回って普通クライマックスを迎えると思うのですが、良い意味でそれを裏切られました。

 

以上が、私のLovelyWriterベストシーン第5位から第1位です!

 

まる
まる

U-NEXTさんで、全ての回に日本語字幕が付きました。
スぺエピもお願いしたいよね。それじゃあまたね!


本ページの情報は2021年6月2日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトをご確認ください。

Translate »