LovelyWriter スペシャル|映画並みの作品!SibGenneに会えた!

Lovely Writer
LovelyWriter公式ツイートより
まる
まる

こんにちは、まるです

ドラマ ラブリーライター(全12話)の続編である LovelyWriter スペシャル エピソードを見たので、感想を書きます。ちょっとお付き合いくださいね。

2年後のNubsibとGeneを俳優KaoとUpの二人が熱演。

前半はネタバレなし、後半からネタバレしています。

ですので、ネタバレを読みたくない方は、注意書きのところまで読んでみてください。

 

原題:นับสิบจะจูบ
製作国:タイ(2021年)
原作あり

まるで映画なみの時間

LovelyWriter公式ツイートより

スペシャルエピソードは1:46:40!

約2時間と長いです。

コロナがなければ、タイで上映する予定だったそうで、Tee監督やKaoUpも残念がっていました。

コロナが収まればタイで上映することもあるのかもしれませんね。

ですが、2getherの上映もタイではまだなので、難しいかもですね。

「ラブリーライター スペシャルエピソード」の感想(ネタバレなし)

出演者のスぺエピに対する思い

WeTVより

予告からすると最終回のようなファンタジー強めだと思っていました。

なぜなら、スぺシャルエピソードの番宣で

Tum役「変わっていて。みんな言うけど変わっています。見たら笑いますよ。みんなのシーンはすごいから本当に。挑戦でしたよ。午後6時から午前4時まで撮影でした。」

Up「覚えているのは。家に着いたら午前6時でした」

Hin役「一度も見たことのないNubsibです」

Kao「新しい面を見せて・・・」Tee監督「ネタバレしないで!」「難しいよ」

Up「いつも言っているけど、LovelyWriterには全てが詰まっています。今までのどのエピソードよりもすごいですよね?このエピソード1つに全てがあります。欲しているものが」

と出演者の方たちが語っていたので、「夜の撮影が多い」ということは、ホラー要素が強めで、「全てが詰まっている」ということは、より笑って泣いて怒って喜ぶみたいに全ての感情がわくようなエピソードになるのかなと予想はしていました。

でも、どちらかというと

やっぱり、コメディ要素が強めかなと。

けれども、見始めてみると、予想をはるかに超えて、本当に映画なみの作品に仕上がっていました。

大いに笑ったところもありましたけど、

一つの作品になっていると言えば伝わりますでしょうか?

まず設定は、最終回から2年経っているNubsibとGeneです。お互いに仕事が順調に進んでいます。

ですが、NubsibとGeneはすれ違い始めます。

予告編を見ていて分かっていたとはいえ、心の準備が追い付かず、見ていて胸が痛かったとこです。

もう、そこからの約2時間あっという間でした。

 

ぜひ、U-NEXTさんで見てほしい!

 

わたしも、初めはWeTVに課金しようか迷いましたが、早く見たいという欲望に打ち勝つことができず、課金してしまいました(笑)

私のようにゆるい方は、iphoneだと一瞬で課金できてしまうので、ご注意ください(笑)

 

 

ここからはネタバレを含みます。

 

ネタばれを含む感想

LovelyWriter公式ツイートより

はじめは、予告編のようなホラー小説を書いているGeneから始まりました。

あれ?このままホラーでファンタジーになるのかな?

最終エピソードを見たすぐということもあり、私の中では最終回のインパクトが強かったので、いろんな意味で笑かしを期待しました。

 

すぐに、笑を期待してしまういけない私。

 

ですが、始まりだすと引き込まれて、そんなことすっかりまるっと忘れていました。

2年って短いようで長いよね

LovelyWriter公式ツイートより

始まりは、予告編でもあったように二人のすれ違いから始まっていきます。

二人が夫婦のようにともに生活をしているような錯覚におちいる場面。

NubsibがGeneにせまります。

ですが、仕事で頭がいっぱいのGeneはサラッと断ります。

もー切ない!

切ない!切ないよー!

 

そんな二人を描かないでーー!!

とも思いましたが、

でも、こういう場面を見せられたことで、二人がグッと自分の身近に感じました。

リアルな二人を垣間みたような気がします。

倦怠期のカップルを経験したことがある方には、自分にもこういう経験あるあると思いながら見ていたのではないでしょうか?

Geneは「小さい男」とUpくんが言い表していたように、Geneは小説を書いていると、脳内がそれですぐに埋め尽くされてしまう人。

仕事に没頭すると、Nubsibの気持ちまで思いやれなくなってしまいます。そうすると、NubsibはGeneのことを理解しているとはいえ、寂しさが積もっていく。

すれ違いは、お互いの気持ちに鈍くなることから始まるんですよね。

こういうのは、リアルでも同じだと思います。

好きな人とのすれ違いはお互いを思いやれなくなることから始まるからーー!(振られる前の私に伝えたい)

早く気づこう

仲直りは部屋で

ですが、そんな二人も仲直りするきっかけができます。

そして、NubsibがGeneにせまるけど電話が鳴って中断してしまう、その続きが見たくなるシーンです。

 

Gene 俺じゃない。お前の電話でゲームオーバーだ。

Nubsib ダメです。ゲームは始まったばかりですよ

Gene ああ。部屋について来い。言っとくけど・・・仲直りはしたいけど、あんまり時間はないぞ。

Nubsib (ニヤリと笑って。部屋についていく)

 

Geneの言うなりSibが可愛い、可愛い、可愛い。

Nubsibのあのお顔!最高です。Nubsibの顔を見ていたらこっちまで二ヤついてきました。

部屋のドアをすぐ閉めるNubsib。

この余白を残す演出がとても好きです。Tee監督っぽいなと思いました。

余白を残して視聴者に想像させるという。こういう作品が本当に何年後でも評価されていく作品になると思います。

 

ぶっちゃけ、肌色シーンも大好きだけどSOTUS好きな私は、やっぱりこういう余白を残して視聴者にいろいろ想像させていく作品の方が、長くファンが残っていくと思います。

足にキスしようとするシーン

ターンタイプでもありましたが、タイでは特に足は不浄のものとされていてキスをするなんてないとだそうです。

ターンタイプでのBTSのシーンで、足にキスをする前にGulfくんは何回も洗ったあとは、Mewくんにおんぶされて足が汚れないようにベッドに運ばれていました。

もしかしたらUpくんも?おんぶとかあったんかな?

 

Kaoくんが!?

 

もしかしたら、お姫さまだっこかも?

あったよ、きっと。(私の思い込みです)

 

そういえば、BTSはあるんでしょうか?BTS見るの好きな私としては、あってほしいですね。

俺だけを見て

LovelyWriter公式ツイートより

ドラマでは自分たち二人だけの狭い世界よりも広い視野を持ってほしいと、突き放す決断をし

Geneが!そんなGeneが!!

「他の人にそんなのするなよ・・俺だけにな」

 

カモン独占欲!

はいはいはいはい!

あーーー好きです。好きです。好きなんですーー!独占欲。

 

しかもGeneが、あのGeneが…

 

Geneは、良くも悪くもまっすぐな人。

 

そのままの感情で相手にぶつかるよね。混乱しているときは、混乱した感情を相手にぶつけて、好きになったらちゃんと言葉でも「好きだよ」って伝える。

そんなGeneがNubsibに対して、俺以外の人は見ないで、俺だけを見てって言えるような想いまでになっているってこと。

私は、Geneのバカ正直な面が好きです。

小難しいし、けっこう口悪いところがある。だけど、人に対して嘘をつかず正直な感情で接していくところが、好きです。なかなか、大人になると体裁ばかりを気にしてそのままの感情で人に接することが難しいのに、友達とぶつかってもいいから、そのときに思っている感情を友達に伝える。

バカ正直すぎないかな?

と不安になるほどまっすぐな人。

そして、自分が辛くなるってわかっているのに、恋人の将来のことをしっかり考えて上げれる人。バカがつくほど大人で、恋人を思いやっている。

なんか、泣けてきた。

(ちょっと、ティッシュとってきます)

 

 

 

 

気を取り直して、

Nubsibの好きなところは、Geneが全てなところ。

何をおいても「K’Gene!K’Gene」(笑)。こんなにも、ずっと一人の人を一番大切に想えることって本当に素敵なことですよね。

だからといって、無理やり自分の想いを相手にも強要しないところ。

Nubsibはモテるし、世間からの評価も高い、鼻にかけてもいいところなのに、

Geneが準備ができるまで、とことん待ちますよね。

なかなか、できない。

そんな二人が二人ならではのやり方で、みんなを巻き込みながら二人の関係を育てていくという素敵なスペシャルエピソードでした。

本当にこの原作を作ってくれた方、

制作陣、

もちろん俳優陣。

 

本当に素敵な作品をありがとうございました。

久しぶりにドはまりした作品でした~

 

 

そして、ここまで読んでくださった皆さんありがとうございます。

 

あわせて読んでほしいのはこちらです

まる
まる

それじゃあ、またね

コメント

  1. Sib Janeや中の人への推し愛溢れる内容で、嬉しく読ませていただきました(^-^)
    まるちゃんの興奮が伝わってくる、文の数々に、ウンウンと激しく同意
    私はKaoくん推しなのにUpくんもかわいいなぁと結局CP推しになる、いつものパターン
    楽しませていただき、いつもありがとうございます

    • おはよう!くーちゃん。私もKaoくん好きだけど、結局Upくんも可愛いなってなってる(笑)一緒だね。スペシャルエピソード面白かったよ~見てみてね

Translate »
タイトルとURLをコピーしました