タイドラまる ブログ
『 それぞれの推し方で良いんだよ 』
Not Me

『 Not Me Series 』EP3 あらすじ & 感想 ネタバレ【タオルがいい仕事してました】

Not me EP3

世界ツイッタートレンド1位タイでのトレンド1位 と話題ぶりを見せた『 Not Me Series 』EP3。今回は、OffGunファンにはたまらない回になったでしょう。

「タオル~~~!!」「カメラアングル~~!!」

と叫んだ方も多かったでしょう。ね

あらすじ

外交官を目指しているWhiteは兄Blackがやられた真相を探るため、兄Blackになりすまし二重生活を送るようになる。Whiteは父に外交官とは「自分の意見は閉じ込め、二国にとって満足できる道を探す」のが理想の外交官であると言われる。Whiteは自分の恵まれた環境から「真の公正」に疑問をいだきはじめる。

感想(ネタバレなし)

オリジナルサウンドトラック OST が素晴らしい

ドラマが進むにつれてOSTがとても素晴らしい!KANGSOMKSさんの『Not Me』

一人二役 Gun はやっぱりすごい!!

WhiteがBlackになりすますために二重生活を送るために、車の中で着替えるシーンがあるのですがBlackからWhiteになるとき、ピアスやネックレスなどアイテム一つ一つをとる度にどんどんWhiteの顔になっていき、メガネをかけるときには、もう

Whiteになってる

そして、仕草までがWhiteなんですよね。本当にすごい!!

↓ ↓ ↓ ここからネタバレあるよ ↓ ↓ ↓

感想(ネタバレあり)

ハイクラスな家柄 White

Whiteは父親の「母親や兄Black」に冷たいところに不満をもっていたけど、父の期待をかなえたくて外交官を目指していたんでしょう。つまり、父が「コネ」を使っていることに気づいてはいたけど、見て見ぬふりをしていた。

だけど、実際に自分はハイクラスにいて恵まれていることに気づき。

「公正とは?」と疑問をいだきはじめ、面接で「この国は人権侵害を起こしていることをまず認めるべき」という発言をしてしまいます。

なかなかな社会風刺の効いた「Not Me」ですね。毎回、タイ国内の社会に対するメッセージが含まれていますね。ビハインドを見てNuchie監督をはじめて見ましたが、なかなかユニークな監督さんですね。炎の中Gunくんに演技指導をされていたのですが、なんかかわいい w

こんなに社会風刺の効いたシリアスな作品を作ってる方には見えませんね(良い意味で)

わたしがWhiteの家庭がハイソだなと感じたのは、乾杯のシーンです。タイでは乾杯の時「チョーン!」と言って乾杯しているのをよく見ます(2getherでよく出てきました)が、White家では「Cheers チアーズ」と言っていたので、こういうとこで一般家庭とは違うってことを描いてるんだなと感じました。

Yokの手話

Yokの母親はしゃべれない人で、雇い主が口をきけないことを知らずに雇ったためすぐに解雇される。Yokは怒り母親に向かって、仕事をしなくて家にずっといたらいいと言いますが、母親は自分ができることを証明したい、そのために働きたい。それをやめさせるのであれば、あなたも私が何もできないと思っているということだと言います。

ただ助けるだけが、正しいことではない。

本人がやりたいと思うことを、支えるということですね。そして、Yok役のFirstくんの手話とてもナチュラルでしたね。驚きました。感情とセリフとともに「手話」を使いこなしていて、驚きました。

そして、YokはめちゃくちゃDanに惚れまくってますね。楽しみだ。

タオルの引っぱり合い

あのタオル引っ張り合い良かったね w もう、すでにSeanはWhiteに惚れてるような感じだよね?シャワー浴びてるところにタオル持ってきてくれたかと思えば、タオル引っぱり合ってバスルームからBlack(White)を引っ張り出す(2:22から)

「タオル~~~いい仕事してますね!!!」

と思った方も多かったのではないでしょうか。

・・・え?わたしだけ??

今回は、SeanWhiteのドキドキするシーンがてんこもり!!

Not Me
タイBL『 Not Me Series』あらすじ キャスト 配信先 感想 ネタバレ まとめ【OffGunの演技力!!】タイBL『 Not Me Series』あらすじ キャスト 配信先 感想 ネタバレ まとめ【OffGunの演技力!!】...
Translate »