【意外?】タイ沼にハマったきっかけは3つ

気になる

まるちゃんはなんでハマったの?

たまに「何がきっかけなんですか?」って聞かれることもあるので、たまには自分のことについて書いてみようと思います。

まる
まる

きっかけは3つ
・おっさんずラブ
・日本の恋愛ドラマがつまんない
・タイ語だからこそ

 

ですw

1つめ   「おっさんずラブ」

きっかけは意外と思われるかもしれませんが「おっさんずラブ」でした。

私はもともとBLが好きだったかといわれると「まぁまぁ好き」で「嫌いじゃない程度」です。なので、学生時代にBL系の漫画や小説を読んだ経験が多くはありません。
つまり、腐女子というククリで話すと足首くらいまで浸かっていたくらいだったでしょうか。

普通に日本のドラマを見ていて子育てや仕事もしてる、どこにでもいる主婦です。

 

なぜ「おっさんずラブ」からタイドラマに?

 

「おっさんずラブ」って笑えて、なんとなくホンワカなるドラマでしたよね。安心して笑って見れるドラマが久しぶりでした。

見ていたら「あぁ そういえば私ってBL系好きだったな」と思いだしてきました。

そこから、Youtubeに実写BLって上がってるのかな?って検索し始めました。大きな声では言えませんが、おそらくタイ沼にいるほとんどの方がいけないアップロードを見てからじゃないでしょうか。

まずは、日本の「セブンデイズ」を見てドキドキし、台湾の「HIStory」に驚き、タイの「What the Duck」っていうなかなかのエロに度肝を抜かれました。そこから関連動画「SOTUS」に射抜かれ「タイドラマ」に頭のてっぺんまでどっぷりです。

わりと早く沈みました。

 

2つめ 日本の恋愛ドラマがつまんない

なんで自分がこんなにタイドラマに夢中になったんだろうかって。たまに考えるんですよね。

結論は、日本の「男女の恋愛ドラマに飽きたから」だと思います。

単純に子供がいるとテレビを見る時間もありませんが、恋愛ドラマで切なくなったりドキドキしたりということがなくなっていました。
「男男の恋愛ドラマ」って男女間より越えなければならないハードルがたくさんありますよね。まずは、男同士というものを受け入れてもらえるのか。次に友達や親へのカミングアウトなど、本人たちにはどうしようもない壁があるのは、見ていて切なくなったりドキドキします。

つまり、切なくなったりドキドキを男女恋愛ドラマでは味わえなくなってしまったということです。どうしても男女だと女性に共感できるかどうかが楽しめるかの判断基準になります。それなりに自分が恋愛経験をつむとドラマの主人公である女性の方に共感できないんですよね。

社会に出ると痛感しますが、社会から女性は軽く見られがちです。ドラマを見ていると多くのものがそこをすっ飛ばしてる感じがします。いかにも男女平等のようなカタチで描かれていて、共感ができません。

ですが、男同士の恋愛だとそこの物差しで考えなくていいし、どちらに共感してもいいから、女性が気軽に楽しめるのだと思います。

つまり、自分が女だということを忘れて楽しめる。

 

3つめ タイ語だからこそ

タイ語なので情報をぐぐっても出てこない!

タイ語を話せる日本人って少ないですよね。日本語もマイナー言語だと思いますが、タイ語もマイナー言語です。つまり、なかなかネットを検索しても情報が出てこないんですよね。

今でも、私は英語字幕を見て初めてドラマの内容がわかります。

これがタイ語ではなくて英語だったらハマったのかな?ってたまに考えるのですが、おそらくハマってなかったと思います。

なぜなら、ネット検索でも出てこないからいいんですよ

ドラマを見て内容がすぐ分かり、本人たちのインスタやツイートが簡単に読めてしまっていたら、今ほど夢中になっていたでしょうか?おそらく、今ほど夢中ではなかったんじゃないでしょうか?

彼らが言っていることが分からない。分からないからこそ知りたいという欲望が出てきて、ツイッター上で調べるということにつながりました。

 

 

以上が、私のタイ沼にハマったきっかけでした。

先日から、頭の中でぐるぐる考えていたことだったので言語化できてうれしいです。おそらく3つめは皆さん納得されることかなと思います。タイ沼って皆さんのレベルが高いですよね。絵をかけたり文章かけたり翻訳したり動画作ったり企画したりと多才な方が多いです。たぶん日常でもみんな賢い人達なんだろうと思います。理解欲が人より強くて賢いからこそみんな夢中になったのかなと思っています。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました