Lovely Writer

『 Lovely Writer ラブリーライター 』の KaoUp がすごいよ【 作品情報 解説アリ 】2倍楽しもう!

Lovely Writer u-next

「Lovely Writer The Series ラブリーライター」
Licensed by Dee Hup © Lovely Writer

世界トレンド3位、上半期 WeTV Thailand でもっとも見られたタイBLドラマを記録した『 Lovely Writer The Series (ラブリーライター)』。おすすめタイドラマには絶対かかせない一つです。

Lovely Writer ユーネクスト

「Lovely Writer The Series ラブリーライター」
Licensed by Dee Hup © Lovely Writer

アップ演じる主人公のジーンは小説家、出版社から書かされたボーイズラブ作品があたり、ドラマ化になることに。ドラマの俳優オーディションにきた青年ナブシブの演技に巻き込まれたことがきっかけで、ガオ演じる主人公ナブシブは、主演に抜擢される。ひょんなことから、ジーンの家にナブシブが住むことになり、小説家と主演俳優の同居生活がはじまります。

セリフを覚えるのを手伝ってほしいと頼まれたジーンは、本読みの流れでキスの練習につきあい、ナブシブとキスをしてしまう。キスをしてしまったことで、ジーンはナブシブを意識し始める。

Lovely Writer

「Lovely Writer The Series ラブリーライター」
Licensed by Dee Hup © Lovely Writer

6才下の人気俳優ナブシブはジーンを尊敬し敬語を使いながら、小説を書くと夢中になってしまうジーンの身の回りの世話をし、本読みを手伝ってくれたお礼にジーンの小説を手伝うことを申し出る。

ふたりの恥ずかしそうな様子は思わずニヤついてしまいます。優しさあふれるストーリーの中に笑えるラブコメディ。タイ本国では有料199バーツ(約千円)だったラブリーライター スペシャルエピソードも見放題に含まれています。

>>>「U-NEXT(ユーネクスト)」31日間無料はこちらから

(※31日間無料トライアル中に解約しても料金はかかりません)

タイトル解説(カウント10キス)

タイ語タイトル นับสิบจะจูบ (Nup Sip Ju Ju)
タイ語の
解説

 นับ ナプ 数える
 สิบ シプ 10
 จูบ ジュプ キス(チュ)

意味 カウント10キス

あらすじ

「Lovely Writer The Series ラブリーライター」
Licensed by Dee Hup © Lovely Writer

主人公Gene(จีน)ジーン は小説家。会社からの圧力でBL小説を書いたところ人気が出て、ドラマ(シリーズ)の原作に採用されることとなる。

Geneの書いた小説「Bad Engineer」の主役にNubsib(นับสิบ)ナブシブ が抜擢されたことで、Nubsibと出会い、ひょんなことから一緒に暮らし始めることに・・・。

キャスト

「Lovely Writer The Series ラブリーライター」
Licensed by Dee Hup © Lovely Writer

Kao NoppakaoNubsib役:右)1994/9/9
Up PoompatGene役:左)1994/12/4

主人公二人のカップル名は「KaoUp」ファンダム名は กั๊พอ้าว (Kupao)

KaoUp二人の魅力についてはこちらを読んでみてください

オンエア時期(最終話まで配信済み)

2021/2/24~2021/5/12 全12話 完結  ※スペシャルエピソードあり

スペシャルエピソードは映画化の予定でしたがコロナ禍でできず、オンライン有料配信になりましたが2021年12月にタイではファンを呼び映画イベントが開催されました。

視聴方法3つ

日本語字幕がついて作品数が多い「U-NEXT」がおすすめです。

①日本語字幕で見たい

1)U-NEXT

U-NEXTでは、本国(タイ)と同時配信になりました。

全て日本語字幕付きました!2021/5/28

>>>「U-NEXT(ユーネクスト)」31日間無料はこちらから

(※31日間無料トライアル中に解約しても料金はかかりません)

本ページの情報は2021年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトをご確認ください。

※しかも、スペシャルエピソードはタイ本国でも購入する必要(約900円)があったのに、U-NEXTさんは見放題に入っています(神です)

わたしのU-NEXTを実際体験したレビューは、こちらです

https://maruttol.com/u-next-review/

2)楽天TV

>>プレミアム見放題パックで視聴できます

無料トライアルあり

②英語でもいいから、とにかくお金をかけず見たい方

1)Wetv (タイ)     ※VPN必須で英語字幕

BTSも配信中!!!

>>WeTVで見る方法はこちらで詳しく書いています

いまのところWeTVのみで舞台裏は配信されています。

2)Youtube    ※(韓国などタイ以外の国)VPN必須で英語字幕

※Wetvさんの英語字幕とは異なる(おそらくU-NEXTさんについていた英語字幕と同じ)

本国のタイではWeTVのみの視聴となるので、タイや日本以外の国からだとつながります。

ラブリーライター公式チャンネルはこちらです。

見て欲しいポイント  【お互いの名前の呼び方 クン ジーン】

これは、ツイッターでも話題になっていますが、とにかくNubsibはGeneのことをคุณ จีนKhun Gene(Geneさん)! クン ジーン!」と呼びます。

いわゆる、年下敬語攻めになります

演じたKaoUp二人もとても印象に残る呼び方になったようでNubsib役のKaoくんがGene役のUpくんに「クン ジーン」って言ってよ~とからかわれていたくらいです。視聴者にとってもすごく印象に残る呼び方になりました。

Gene ジーン (名前)
Khun クン (さん)

名前の ”前” につける「Khun」というのはタイでは、公共の場で相手を丁寧に呼ぶ呼び方です。日本でいうところの「さん」に値します。

一緒に住み始めてGeneと親しくなったのにもかかわらずNubsibは「Geneさん」と呼び続けます。

しかし、先輩後輩だと「ピーノーン」と呼ぶのが一般的なので、Geneはなかなか「P’Gene」とNubsibから呼んでもらえないのを疑問に思います。

先輩 พี่「Pi」ピー
後輩 น้อง「Nhong」ノーン

これは、後ほど判明しますが、ただのピーノーン「P’N’」先輩後輩 (兄弟関係)にはなりたくないというNubsibの強い意思になります。

また、GeneはNubsibと自分のことを ชั้น「Chan」チャンNubsibのことを นาย「Nai」ナーイ と呼んでいます。これは、堅苦しくない呼び方でカジュアルなニュアンスです

ชั้น「Chan」 わたし、あなた

つまり、呼び方で少しづつGeneとNubsibの距離感が変わっていくのがわかります。つまり、「萌える」ポイントとなっています

<参考動画>公式Youtube  EP2 HighLightにて

0:15 のところGeneは自分のことを ชั้น チャン と呼んでいます。

Geneも初めはNubsibにある程度距離をとっているのが分かるのです。ところがEP4でGeneが酔っぱらってNubsibに迫るシーンがあるのですが・・・

「Gene」と呼び捨てにするのです!!

<参考動画>公式Youtube  EP4 HighLightにて

1:40 のところNubsibはGeneのことを呼び捨てにします。

Geneは6歳も年上なのにもかかわらず、こういうときだけ呼び捨てにするところがNubsibのGeneを大切に思っている気持ちがより表現されていると思います

Geneも親しくなってくるとNubsibのことを「Sib」と略して呼び始めます。急にくるのでこれもまた、いいんですよね。そして、GeneからのSibへの呼び方はมึง「Mung」ムン(お前) 一人称は กู「Gu」グー(俺)呼びになっていきます。

มึง「Mung」ムン(お前)
กู「Gu」グー(俺)

ゆっくりだったり、急に変化したりと、二人のお互いや自分のことを呼ぶ「呼び方」が変わってくることで、二人の関係が近くなったり、わざと丁寧に呼んだりしているということがよくわかり、さらに楽しめます。

さらに詳しく字幕にないところについては、こちらに書いています

製作陣の「愛」がすごい

Tee監督がどういう考えで作ったのか?なぜなら、ボーイズラブ作品をとってきた監督だからこそなのです。詳しくはこちらの記事にまとめています

ニュースサイトに取り上げられる

ラブリーライターは毎週ツイッターでトレンドになるなど話題でした。最終回では世界トレンド3位を獲得!

https://maruttol.com/lovelywriter-hp12/

Nubsib & Gene スペシャルエピソード

「Lovely Writer The Series ラブリーライター」
Licensed by Dee Hup © Lovely Writer

ラブリーライターのスペシャルエピソードが配信されました!!2021年6月9日(日本時間20時)。タイ本国では映画化の予定だったものが、コロナで上映できずにオンライン配信(要課金:約1000円)になりました。

U-NEXTさんでは「見放題」に含まれています

配信先

1)WeTV  ※VPN必須で英語字幕

タイ本国では映画化を予定していたようですが、コロナ禍で上映できないため、オンライン配信になりました。価格は、約1000円くらいで購入すると1年間見れます。ただし、英語字幕のみ。(わたしは買いました w)

2)U-NEXT

日本ではU-NEXTさんの「見放題作品」にふくまれています。追加でお金が必要ありません。ちなみに、タイ本国でも現在も有料です。

スペシャルエピソード配信 が 延長になりました!!

>>31日間無料でU-NEXTを体験してみる

(※31日間無料トライアル中に解約しても料金はかかりません)

※Youtubeには配信されていません

私は両方見てこちらのレビューを書きました

とにかくおもしろい!!

ラブリーライーターはちょっと「変」です。BLドラマの裏側を描いていたり、BLドラマファンのあり方を描いてあり、タイでも風刺が効いていると話題になりました

他のドラマにはなかなかないところがあるので、変わった魅力を知ってほしいです。

ベストシーン

わたしのオススメするベストシーンが入っています!!共感してもらえるたら嬉しいです

https://maruttol.com/lovelywriter-best-scene5/

ビハインドが熱い!!

ビハインドやカットシーン、ワークショップなどタイドラマはツイッターで情報が出てきて、俳優のマネージャーさんや監督などから動画がアップされます。

ツイッターではどうしても情報が流れてしまいますので、こちらにまとめています。

日本の雑誌にも掲載

タイドラマガイドDにKaoUpがのっていることは知っていましたか?ラブリーライターが始まったころに販売されました.

KaoUpのインタビューやラブリーライターについて掲載されています

Translate »